Just another WordPress site

啓蟄についてのこと。

啓蟄とは、二十四節気のひとつで、第三にあたります。太陰太陽暦の二月節で、春分の前日までの約15日間のことをいい、「啓」は開く、「蟄」は虫などが隠れ閉じこもると言う意味で、啓蟄とは冬ごもりの虫が這い出ることと言う意味を指します。春の季語でもあります。
大地が温まることで、虫が出てくるとされていますが、まだ寒い時期であり季節の変わり目で雨が降ることから、一雨毎に気温が上がり徐々に春らしい季節へと変わっ"

" (続きを読む...)

未分類

雨水はお雛様を飾ると良い日です

雨水とは二十四節気のひとつで、現代に暦ではだいたい2月の18日か19日ごろになります。雨水とはこれまで降っていた雪が雨にかわり、氷も解けて水になっていくという季節の節目をあらわす意味をもっています。冬の寒さもひと区切りつき、少しずつ暖かくなって春へと近づきつつあるという様子をあらわしているのです。また草木の芽も出始めるころでもあります。実際にはまだまだ寒い時期ではありますが、このように暦の上では春

" (続きを読む...)

未分類

立春についての知識

立春とは、二十四節気の第一で、2月4日頃をいいます。春の初めを意味し、冬至と春分の中間に位置します。この日から立夏の前日までが暦のうえで、春となります。
一般的に節分とは立春の前日にあたります。節分までは寒い日が続きますが、立春を過ぎると気温が上昇する傾向にあります。文字通り春がそこまで訪れていることを感じる時期になっています。
立春の当日、禅寺では立春大吉と書いた紙を貼る習慣があります。また暖か"

" (続きを読む...)

未分類

寒さが一番厳しい時期が大寒です

日本は四季がある美しい国です。
そのために、暦にもそれを表現する言葉が多くあります。
1年を24節気に、分けてその時期の状態をあらわしています。
この言葉は、俳句では季語に用いられいます。
色々と、その季節の言葉があり美しい日本語で表現されています
大寒は、1月20日ころから2月3日の節分までの間になります。
1年で、寒さが厳しい時を表す言葉としては大寒はわかりやすいです。
そして、それが終わると"

" (続きを読む...)

未分類

小寒の意味と過ごし方について

小寒は「しょうかん」と読み、二十四節気の第23番目にあたります。
二十四節気とは、1年の季節を春・夏・秋・冬の4つに等分するために考案された手法で、1年を12の「中気」と12の「節気」の合計24に分類して季節を表す名前をつけたものです。よく知られているものに、立春・春分・夏至・秋分・冬至・大寒等があります。昔から、季節を定める目安として重用され今日に至っています。
小寒は冬至(1年で最も日照時間が"

" (続きを読む...)

未分類